2011年02月14日

堀北真希、ベルリン映画祭に登場

堀北真希、ベルリン映画祭に登場!肩出しドレスと生脚姿で観客魅了!満場の拍手に涙を浮かべる【第61回ベルリン国際映画祭】
シネマトゥデイ 2月14日(月)1時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110214-00000001-flix-movi


2月12日(現地時間)、第61回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で映画『白夜行』が上映され、深川栄洋監督と主演の掘北真希が登壇した。
 スーツ姿の深川監督とともに登場した堀北は、ベルリンの寒さをものともせず肩出しドレスで生脚姿。上映前の監督に続いてのあいさつでは、英語でチャレンジするも途中で用意したスピーチを忘れてしまうハプニングも。「わかんなくなっちゃった……」とそこからは日本語に切り替えてのあいさつに、観客からはほほ笑みとともに大きな拍手が送られた。通訳もいて支障もなく伝わり、ちょっとした失敗が、かえって可愛らしさを印象づけた場面となった。
 上映後の質疑応答に登壇した堀北は、観客でも涙していた人がいた本作に対してか、またベルリンでも作品が伝わったことに対する感激なのか、最初はうつむきがちで時々涙をぬぐうようなしぐさも見せていた。
 悪女に扮した掘北真希の演技を楽しみたいですね。これだけかわいいのに演技派女優ですもんね。


タグ:堀北真希
posted by maki at 12:23 | TrackBack(0) | 記事

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。