2011年05月29日

堀北真希、“清純派”なのに遊びたい?

堀北真希 性欲が満たされない寂しい感度抜群のBカップ乳

2011年5月29日(日)22時0分配信 週刊実話

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jitsuwa-20110529-1089/1.htm

 現在放送中の連ドラ『生まれる』(TBS)に主演している“清純派”の代表的女優・堀北真希(22)。

 「51歳の母親(田中美佐子)の妊娠をきっかけに大きく変わってゆく家族の姿を通して、生まれる『命』や『人の絆』、そして『生きる』ことを問いかけるヒューマンドラマ。堀北は、母親の一番の理解者でありながらも、その母親の妊娠という事実に戸惑い葛藤する長女役で、高齢出産の本を手掛ける編集者という設定です。劇中、堀北が“不妊治療にはいくつかのステップがあります”と、池上彰ばりに解説するシーンが面白い」(ドラマ担当記者)

 先日行われた、この番組のトークショーで、自身の結婚・出産について問われ、

 「私自身は結婚や妊娠を何歳までとは考えたことありませんが、いつかはお母さんになりたい。子供は4人くらい欲しい」

 と答えた堀北。

 「“清純派女優”と呼ばれていることに、本人は、かなりの抵抗があるようです。同じプロダクション所属で、同い齢で仲の良い黒木メイサのように、夜遊びもしたいし男も欲しいというのが本音なのです。でも、なかなかウマくいかず、性欲が満たされないようです」(テレビ局関係者)

 しかし、その気はあっても実行力が伴わないのが堀北の弱点。

 4月末に放送された深夜番組『20マウス』(TBS)で「誰かとご飯を食べに行くのは半年に1回くらい」と発言していた。

 「友だちを作るのが苦手でどうすればいいかわからないそうです。携帯電話の連絡先は中・高の友人やお店も入れて90件ほどしか入っておらず、仕事が早く終わった日も家に“直帰”するということでした」(制作スタッフ)

 確かに、過去浮いた話はほとんどない。ジャニーズの山下智久や生田斗真、そして松田翔太や『ゆず』の北川悠仁など、共演者たちとの交際情報が流れたことはあったが、いずれも噂のレベルでしかなかった。

 「堀北は、4月30日に公開された映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』にも出演していますが、これまでギャグ漫画を読んだことがないという堅さ。そこで何とか殻を打ち破ろうと“合コン”を計画しています。PRポイントは、『感度抜群のBカップ乳』だそうです。『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾が“寝間着姿が可愛かった”と絶賛しています」(芸能記者)

 堀北真希ちゃんは、見た目も真面目そうだし、そこが人気の秘密なんだから、青春を謳歌して欲しい気もしますが、今のままが一番あっているかも。


posted by maki at 22:58 | TrackBack(0) | 記事

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。